プロジェクト概要
所在地
街区面積
計画戸数
設計年度 2009年

特徴
某財団より依頼された研究委託プロジェクト。評価の高い戸建て住宅地の街づくり手法を類型的に分類し分析したもの。街としての環境価値をつくるために、造成、外構、建物という各レベルにどのような操作をしているかを読み取ると、道路を高い環境価値で設計しているもの、コモンなど中間的な共用地を導入しているのも、外構で中間領域を作って道路環境を作り出しているものに分類できた。さらに事例によって、それらの領域がプライベート的なものからパブリック的なものへと度合いが異なり、かなり性質の異なった環境が形成されており、住民の評価も様々になっていた。

back forth