プロジェクト概要
所在地
街区面積
計画戸数
設計年度 2005年

特徴
北陸の住宅建設会社から依頼された分譲住宅の外観色彩計画の策定プロジェクト。住宅にとって外観の色彩(元々は素材)は街並景観や地域との関係に大きな影響を及ばす景観要素である。このプロジェクトでは、まず戦後の分譲住宅で、色彩計画で評価されている住宅地、それと北陸地方の戦前から続く町の色彩調査を行い、その結果をマンセル表記で傾向分析した。また現在分譲されている建物の外観エレメントを街並景観に対する役割から分類し、部位ごとの色彩方針を定めた。その2つの作業から、当住宅建設会社の現在の建物規格に対して6つのテイストのカラースキームを用意し、今後の分譲時に適切な街並景観が効果的に形成できるように計画提案を行った。

back forth