プロジェクト概要
所在地 福島県須賀川市
街区面積 約12.4ha(宅地部分)
計画戸数 305戸
設計年度 2000年

特徴
須賀川市が福島県主催の「うつくしま未来博」を造成するにあたり、その跡地にテクニカルリサーチガーデン(産業団地と住宅団地の複合的新市街地)を前提に検討を行っていた。当プロジェクトはその時点で将来の住宅地の基本計画を策定し造成計画に反映することと、博覧会において将来の住宅地計画の販売予告を行うことであった。敷地は穏やかな尾根と谷戸が入組んだ丘陵地であり、その特徴的な地形を活かし、尾根の頂部と八戸の底部のみ宅地化して既存斜面の緑地を残す造成を行う方針とした。博覧会の終了後に市によって分譲が行われた。

back forth