プロジェクト概要
所在地 高知県高知市
街区面積 約11.7ha
計画戸数 364戸
設計年度 1993年

特徴
民間建設会社が開発した造成地に対して、分譲に際しての建物と外構の設計マニュアルを策定した。外構に対しては、門塀、門扉、門灯、検針メータボックス、舗装などの外構部材を規格化し製品開発を行い、それを統一外構工事で使用した。住宅生産振興財団が3期に分けて、合計106区画分譲を行い、それらの建物に関しては、宮脇檀建築研究室が設計調整を行った。

back forth