プロジェクト概要
所在地 茨城県水戸市
街区面積
計画戸数 22戸
設計年度 1992年

特徴
茨城県住宅供給公社が百合丘ニュータウン内に「ウッドタウンモデル住区ゾーン」という22戸の住宅街区を企画し、その街づくり計画を行ったプロジェクト。宮脇檀のマスターアーキテクトのもとに、住宅は地域の設計事務所が設計し、施工は地域の工務店で行った。宮脇檀建築研究室もゲート住宅として2軒の住宅を設計し、その他地域の建築家達の個性的な住宅が建設されたが、全体の景観ルールを設定したために、調和のとれた街並が実現した。

back forth