プロジェクト概要
所在地 福島県伊達市
街区面積 128,207.98m2
計画戸数 304戸
設計年度 1991年

特徴
最大規模のクラスターコモン型宅地開発プロジェクト。国土交通省(当時建設省)の環境共生住宅地市街地モデル事業と街並み・まちづくり総合支援事業の認定、助成を受け、雨水浸透舗装と電線の地下埋設が実現された。造成設計は一見有機的で複雑に感じるが、地区内幹線道路、集散道路、コモンというヒエラルキーに従って各住居に至る構成をとっているので、明快な環境をかたつづくっている。全ての道路とコモンは伊達町に移管されたが、植栽管理などは住民管理組合法人と住民が行っている。また計画地内には、店舗、住民施設のセンターハウス、調整池を兼ねる親水公園を計画し、地域住民が利用できるようにした。住宅分譲に際して、住宅生産振興財団の事業コーディネイトによって、16社の住宅建設会社が20棟の住宅を建設し、モデルの街並みを作った。

back forth