プロジェクト概要
所在地 大阪市交野市
街区面積
計画戸数 166戸
設計年度 1987年

特徴
大阪府が行った事業コンペの最優秀案に基づいて実施したプロジェクト。計画地の地形と周辺環境の違いに基づき3つのエリアで宅地配置の方針を定め、それを地形に沿ったクラスター道路で繋いだ。まずゴルフ場の跡地の伸びやかに広がるランドスケープを活かしてリニアパーク(帯状公園)を作り、その環境に隣接するゾーンとしてループ道路の宅地群をつくった。そこから道路で上がった計画地奥のゾーンは外周緑地を経て隣接既存林や池が眺望でき、その景観を活かすために転回広場をもつクルドサック道路により宅地群をつくった。そして前者2つのゾーンと異なり、隣接環境を採り込むことのできない計画地中央部はコモンを導入した宅地群をつくり、良好な緑地環境を計画的に作り出した。住宅は事業コンペにより土地を取得したハウスメーカー1社であるために、統一感が強すぎないように、建物形態や外壁色により変化が検討されたが、道路が曲線であることと、上記のようにランドスケープに変化があることから、街並景観はバランス良く形成された。

back forth